アルカリ中和能とヒフの運動不足

アルカリ中和能とヒフの運動不足 

洗顔の後顔がツッパルのはヒフ表面の汚れとともに潤い成分が洗い流されるためですが人間のヒフにはアルカリ中和能という働きがあります。 アルカリ中和能は洗顔などでくずれたヒフのバランスを回復する大切な機能です。 洗顔の後ツッパリがなかなか治らないのはアルカリ中和能が衰えている証拠です。

アルカリ中和能はヒフの健康(美肌)維持に非常に重要な機能です。             

クリームなどの油性化粧品を常用すると、ヒフが常に脂漬けの状態であるために皮脂腺や汗腺の働きが衰えます。 更に石鹸洗顔しないことによってアルカリ中和能が働くチャンスは少なく、ヒフ機能は衰えます。  我々現代の人間は自然界の動物のようにヒフを自然のままに放置することは出来ません。 石鹸などで角質(垢)積極的に洗い流す必要があります。

石鹸洗顔しないとヒフの角質の除去がおくれ、代謝が遅れることになります。 こんな状態のヒフに何を塗っても化粧ののりは悪く、まして素肌は美しくなりようがありません。

ヒフを美しくするためには少々のダメージがあっても回復する力(ヒフにはそれがアルカリ中和能ですが)を強くする必要があります。 健康というのは何もトラブルが無いと言うことではなく「トラブルがあっても回復できる」ということです。 

乾燥肌から美肌へ 乾燥肌対策のポイントはこちら