秋のプレゼント始まりました

BL1縮小ビジコレ用.JPG

秋のプレゼントのご案内

 

夏の高温多湿から一変、乾いたひんやりとした空気となり、空気中の水分量も発汗などヒフの分泌も大きく減り、ヒフは一挙に乾燥状態になります。 乾燥肌の方はカサカサとした乾燥状態となり、美肌の維持が難しくなります。 化粧水をたくさんつけてヒフの水分量を増やし、代謝を促進しましょう!

秋のプレゼントは、皆様に化粧水をたっぷりとつけていただき、健やかな素肌を維持していただくためにおこなっております。

  

◎アインファクス製品を税込¥8,640( 税抜¥8,000 )以上

 お買い上げごとに、  

『RME21ビューティローション( 300ml 税込¥4,860 )』

 を1本プレゼント!

 

◎期間  H27.9.20 〜 H27.12.31 (消印有効)

 

 税込価格 ¥8,640( 税抜¥8,000 )ごとにビューティローションを1本

  プレゼントいたします。

  税込価格 ¥17,280( 税抜¥16,000)では2本プレゼントとなります。

* 期間中、何回でもご利用いただけます。

* RMEはローズマリーエキスの略、RME21はアインファクス研究所の登録商標

  です。      

 

『シンプルライフのスキンケア読本』&『知的女性の化粧品安全読本』

shousassi-1zoom500p.jpg 

010.jpgshousassi-1.JPG001.jpg003.JPG002.JPG

 

 

 

読むとキレイになる?!

小冊子 『シンプルライフのスキンケア読本』 &

 『知的女性の化粧品安全読本』

次々と新しい成分が開発され、新しい化粧品が発売されて、華やかなテレビCMで登場します。 

そのわりには、女性の肌のトラブルの悩みが少なくなったという話は聞こえてきません。 

なぜでしょうか? どこか間違っているのでしょうか?

そもそもヒフのトラブルとは、どのような状態を言うのでしょうか?

  

簡単に言えば、肌のトラブルは乾燥から始まります。

逆に言えば、トラブル肌は乾燥しています。乾燥した肌は水分が少ないのです。

 

多くの女性は化粧水の使い方が間違っています。

乾燥肌に悩む貴女にとりあえず簡単にできること…… 

化粧水を何回もしつこくつけることです。

 

えっ! そんな簡単なことで!!

 

簡単ですが、少しだけ手間がかかります。

 水がないと人間は生きることが出来ません。 乾燥肌はヒフが水の不足に苦しんでいる状態です。 

 

なぜそうなるのでしょうか?

 

多くの女性は広告宣伝を通して貴重な、あるいは高価な成分を信頼しています。

本当は水を信じ、水を活用しなければならないのです。

 

小冊子 「シンプルライフのスキンケア読本」&「知的女性の化粧品安全読本」をご希望の方は ⇒ こちらから

 

乾燥肌対策の基本 理想のスキンケアはあなたの首から下にある!

首から下はご年配になっても何故キレイ?

あの成分が入っているこの成分が入っている、特許だ新製品だと化粧品の情報は巷にあふれています。 しかし、手本となるべき理想のスキンケアはどこにあるのでしょうか? それが意外と身近な所にというよりもあなたの身体の中にあるのです。 それが首から下です。 いろいろと高価なあるいは貴重な化粧品を塗りつけても大切なお顔はトラブルに悩まされ、普段スキンケアなど無縁な首から下はご年配になってもきれいです。 そこには「何かの間違いあるいは勘違い」があるようです。 その理由を一度考えてみましょう。 その理由は大きく分けて二つあります。 首から下は衣服に覆われているために紫外線に当たらない。 もう一つは同じく衣服に覆われているために不感蒸泄の作用でヒフが常に適度に保湿されていることです。 特にこの不感蒸泄の働きがご年配になっても首から下はトラブルに悩むこともなくキレイである大きな理由です。  

ご年配になっても首から下はキレイな理由は、さらに詳しく

乾燥肌から美肌へ 乾燥肌対策のポイント!

保水保湿が瞬時に実感出来るスキンケアとは? 

あなたのヒフは脂やその他の濃厚な成分を求めているのではなくて先ず何より水を求めています。 美しい肌の例えに「赤ちゃんの肌」と言いますが、赤ちゃんの肌の水分量は85%です。 それが大人になると65%になり、老年になると更に水分量は低下します。 その理由はヒフのNMF(自然保湿因子)の減少です。 その状態を改善すればヒフが水を保つ力が回復してすぐに保水保湿が実感出来るヒフとなります。     その保水保湿のノウハウとは?

  

植物性は本当に安全?

「安心、安全な植物性」と言った広告があります。 また「植物性だから安全だ」と信じている方も多いようです。 しかし、植物性だから安全とは一概に言えません。 トリカブトの毒を持ち出すまでもなく植物は多くの場合自分の身を守るための毒、それもかなり強い毒をもっています。                                 自然、不自然、植物性などについての疑問はこちらへ

 

あなたのヒフは運動不足!

ヒフ特に顔のヒフはいつも露出していますからいろいろな外部からの刺激をうけます。 そしてその刺激やダメージからの回復能力が必要です。 その回復力がアルカリ中和能、一番重要なヒフ機能です。 いつもいろいろ塗りつけているヒフはアルカリ中和能が衰えて来ます。                                       その解決策は? 

 

 

その時々のスキンケアキーワードを考える 今日のスキンケアキーワード

あなたの肌が元気になる いかりじろうの「鉢植え水遣り理論」

 いかりじろうの「鉢植え水遣り理論」 今までのスキンケアでは「枯れかかっている鉢植えに「いきなり濃い肥料を与える 」「砂漠で遭難、喉が渇いているのにいきなり濃いジュースを飲ませる」ようなスキンケアが行われています。 あなたのヒフも鉢植えも水があれば蘇ります。      それなら簡単ね! ところが・・・顔のヒフへの水のやり方は案外に難しいのです。 

   その具体的ノウハウはこちら

化粧品の安全性についての専門家 松田良蔵医学博士による化粧品コラム

HP画像 005.jpg

より安全な化粧品を目指して! 

従来の殺菌防腐剤に代わる安全な防腐剤として、ハーブの成分を活用した「静菌防腐剤」を発明した、松田良蔵医学博士があなたに贈る化粧品の安全性に関するコンテンツです。
化粧品の安全性が気になる方、必読情報です。

防腐剤はなぜ必要なの?
基礎化粧品のいわゆる有効成分は植物性や動物性のものが主となります。           当然、腐敗しやすい成分も多く安全に使って頂くには防腐剤が不可欠です。            化粧品の安全な防腐剤についてはこちら

 

安全な化粧品の選び方 でも その前に化粧品の安全性ってどういう事?   無添加化粧品とは? 防腐剤の種類? 指定成分から全成分表示の時代へ  詳しくはこちらへ


RME21、ローズマリーエキス21
松田博士の発明した安全な化粧品向け静菌防腐剤、ローズマリーの抗菌成分を抽出したものでローズマリーエキス21と名付けられています。  詳細はこちらへ

松田良蔵博士プロフィール