いつも出ている しかし気づかない水分 それが不感蒸泄

人間のヒフからは常に少しずつの水分が蒸発しています。 その量は1日に約1リットルあります。普通の状態では気づかない少しずつの水分蒸発、それが不感蒸泄(ふかんじょうせつ)です。  身体の一部、腕、お腹などにラップを巻くと、不感蒸泄を実感することができます。 首から下は常に衣服で覆われているために適度な湿度に保たれて、ご年配になっても比較的きれいな状態を保っています。これが、特別の手入れなど何もしなくても、ご年配になっても首から下(お腹やお尻)は首から上(顔)よりもキレイな理由です。  ヒフが適度な湿度を保つことがいかに大切なことか、ご理解いただけたかと思います。  残念ながら「顔」は生まれてから死ぬまで、朝から晩まで露出しています。 そのためわずかな不感蒸泄では顔のヒフの保湿には役に立ちません。 特に乾燥の激しい日本の冬ではなおさらです。 しかし、首から下は身体を覆う衣服と不感蒸泄で適度な湿度が保たれて、特別なことをしなくても美肌を保つことができます。

だから 首から下は理想のスキンケアの状態!  

からは無意識に、理想的なスキンケアを常におこなっていることになります。 それに対して常時露出している顔は水不足の対策をとらなければなりません。 それがスキンケアです。 しかしそのやり方が間違っている、あるいは見当違いなのが大きな問題です。 お金と手間をかけて高価な美容液やクリームを塗っていても、長い間に顔のヒフがトラブル肌となり、多くの方は「もう歳だから」とあきらめます。 特別の手入れもしない首から下は、不感蒸泄と衣服のおかげでご年配になってもキレイです。 これこそが理想のスキンケアです。 一方顔の方は余りにもムダなスキンケアです。これからは顔のヒフも理想的なスキンケアを実行しましょう。 そのキーワードは洗顔+保水保湿です。

不感蒸泄を実感する

大人の不感蒸泄の量(知らないうちに身体から発散する水分の量)は一日あたり約900mLといわれています。 乾燥の激しい砂漠地帯や高山地帯などでは不感蒸泄が激しいためにたくさんの水を飲んで脱水症状になるのを防ぐことは多くの方がご存知だろうと思います。 その不感蒸泄を実感する事は簡単です。 サランラップを腕(お腹でも構いません)に巻いてしばらく放置するとラップの下は汗でびっしょりとなります。 これが不感蒸泄でヒフから発散した水分です。 首から下はこの不感蒸泄の水分が衣服に覆われて適度な湿度に保たれ、理想のスキンケアが実行されている訳です。 お金と手間をかけた命の次に大切な「顔」がトラブルに悩まされて格別何もしない首から下がキレイなのは不感蒸泄とその水分が衣服の下で適度な保湿状態を作り出しているためです。      顔の不感蒸泄を効かすにはスキンケアヘジャブ? 

スキンケア ヘジャブ

中東中心のイスラムの世界では女性はヘジャブといわれるベールをかぶり他人に肌を見せません。 アフガニスタンのブルカは全身をすっぽり覆っています。 ヘジャブの目的は「女性が人前で顔を見せないため、もう一つは激しい乾燥から顔のヒフを守るため」といわれています。 一般的にヘジャブは女性に対する因習的な束縛と見られていますが激しい乾燥から顔を守るためという一面もあるようです。 乾燥肌に悩む方はスキンケアヘジャブ(私の命名です)を着用すれば顔のヒフも不感蒸泄に守られて楽になるのではないかと思います。 しかし、我国では顔全体を隠して外出するのはファッション(?)の面から不可能のようです。