防腐剤は何故必要?

防腐剤は何故必要か?
化粧品、特に基礎化粧品の有効成分はコラーゲンやプラセンタなど動物性や植物性のものが殆どで腐敗しやすい成分が多く、その腐敗を防ぐために防腐剤が配合されます。

主な防腐剤
誰でも知っているパラベン、更にフェノキシエタノール、ペンタンジオール、カプリリルグリコールなどアルコール系の殺菌剤が使われています。 これらの防腐剤はいずれも殺菌防腐剤、つまり薬剤の力で細菌を殺して腐敗を防ぎます。

静菌防腐剤
殺菌防腐剤に対して静菌防腐剤があります。 静菌防腐剤は菌を殺すのではなくローズマリーエキスの抗菌成分で菌の繁殖を防ぎ腐敗を防ぎます。 静菌とは例えば冷蔵庫や冷凍庫のように殺菌はしませんが低温で菌の繁殖を防ぎ腐敗を防ぐことを言います。 静菌防腐剤ローズマリーエキス21(RME21)は松田良蔵医学博士の発明でその安全性が注目されています。

RME21(ローズマリーエキス21)についてはこちら