乾燥肌から美肌へ 冬は何故 乾燥肌 が辛いのか?

日本の冬は寒さ+乾燥で、空気中の水分は夏の数分の一しかなくカラカラの乾燥状態です。 ヒフの弱い方には厳しい季節です。  乾燥肌は表皮細胞の隙間を埋める成分(セラミド)が少ないので家に例えれば寒風吹きすさぶ冬にドアも窓も開け放しと同じ状態、外の状態がまともにヒフの内部を刺激します。 辛いのは当然です。 乾燥肌の方は寒くなくても秋になるとヒフがカサカサして来きます。 それは汗が出なくなるためにヒフを潤す水分がなくなるためです。 汗が出て肌を潤す夏は乾燥肌もそんなに辛くありません。 もっともエアコンが良く効いた部屋などに長時間閉じこもるような生活をしていれば話は違います。 ここまでは前置き・・・・

乾燥肌から逃れる必要条件 その具体的ノウハウ 次に解説 します。

  冬の乾燥肌緊急対策はこちら

保水保湿が瞬時に実感出来る 冬の乾燥肌緊急対策!

item-m.jpg乾燥肌の対策は理屈は簡単です。 乾燥肌は表皮に水が不足している 水を補っても直ぐに蒸発してしまう この2点を改善すればヒフは保水保湿の状態となり乾燥肌は改善します。

赤ちゃんの肌は85%が水分です。 普通の大人は65%程度です。 乾燥肌の方はヒフの水分がもっと少ないわけです。 水分があってもNMFが不足しているために蒸発してしまいます。 保湿が強調されますが保水がないと乾燥肌は改善しません。 先ず保水ということを覚えてください。            

   

乾燥肌対策には乾燥肌集中ケアセット※写真化粧水3本+2点セット美容液・約2ヶ月半〜3ヶ月使用できます。)を使用します。 

文字通り乾燥肌の集中ケアを目的としたアインファクス研究所のオリジナルスキンケアアイテムです。

アインファクス 保湿レシピ2点セット美容液1&2 

アインファクスビューティローション(化粧水)

★NO.1 ヒアルロン酸を高濃度に配合、強力な保水効果があります。

★NO.2 セラミド(スフィンゴ脂質)コンプレックスを高濃度に配合、強力な保湿効果があります。

★ビューティローション(化粧水)十分な水分補給のために300mLの大容量です。

 

★使用方法

1 保水

@   化粧水を500円玉程度、手の平に取り1を1〜2プッシュたらして指先で混ぜて顔全体に塗る。 ヌルヌルが収まるまで顔を撫で回す。 

A   ヌルヌルが収まったら化粧水をまた500円玉くらい手の平に取り、化粧水だけで同じように繰り返す。

B   これを5回〜10回繰り返す。 その度にヌルヌルが戻りまた収まります。 ヌルヌルが収まるたびにヒフに水が取り込まれます。 この繰り返しがだいじです

2 保湿

@ 2を1〜2プッシュ手の平に取り、顔全体に伸ばします。以上で1と化粧水で顔のヒフの水分量が大きく増えて、2を塗ることにより増えた水分が蒸発することを防ぎます。

★お使いの時間、朝は洗顔の後に、夜は入浴洗顔の後が適当です。 

★調整方法 乾きを感じる時は化粧水を追加して塗ってください。カサツキを感じる時は2を追加してください。※生理前などはセラミドの生成が低下して化粧のノリが悪いなど肌の調子が悪くなりがちです。 そのような時は2を追加してください。

★洗顔の重要性 洗顔は石ケン洗顔をしてください。 石ケン洗顔でヒフのアルカリ中和能が活発になりヒフの機能が活性化します。

以上を実行すればヒフは保水保湿の状態で冬のつらい乾燥の季節も切り抜けることが出来ます。 貴女もご納得が行きましたら実行してさわやかな素肌美を楽しんでください。

2冊の小冊子 スキンケアの基本を詳述した「シンプルライフのスキンケア読本」          化粧品の安全を解説した「知的女性の化粧品安全読本」を差し上げます。         お申し込みはこちらへ